滞納しすぎた国税

滞納しすぎた国税

私の会社は、滞納している国税(消費税や法人税・厳選所得税など)が1500万円位あります(>_<)

 

以前、不景気が長く続いたために納税を長期間滞らせてしまいました。

 

そのせいで、未納の本税は500万くらいですのに、1000万ほどの延滞税がついてしまいました!

 

国税は、1400万円を超えると、国税局に管轄が移り、差し押さえの対象になってしまいます。
って、税務署の弊社担当の徴収官が言ってました^^;

高額滞納でも、税務署に相談し、約束を守っていれば、意外と大丈夫

うちの会社、とっくに差し押さえの対象になっているはずですが、されずにすんでます。

 

月5万円ほどの滞納分分割納付と、新規に発生する国税は納付するという約束ですんでいます。

 

納付書とかがなくなったらすぐに税務署に相談して、誠意を見せて、面談時などに交わした約束は守っています。

 

誠意とは、具体的には、悪びれてウソをつかない・提示を求められた書類(通帳/照合表/試算表/決算書など収支の分かる書類等)をちゃんと見せるなどですかね。

 

約束内容は、具体的には、

 

・新規に発生した税金の納税のために、専用銀行口座を作って、納税のために毎月少しづつ積み立てる。

 

・新規に発生した税金は必ず納付する。

 

・滞納税金の分割納付書で毎月納付する。

 

といった感じです。

 

税務署の徴収官といえども人の子です。

 

こちらが誠意を見せれば、いい人達です。

 

不景気な年などは、滞納額も減額してもくれています。

 

後、財産目録や分割納付誓約書のような書類を書かされますが、徴収官がわかりやすく書き方を教えてくれたり、下書きしてくれたりしますので、難しくはなかったです。

滞納していても、税務署にコンタクトを取らなかったり、逆切れとかはまずい!

私の知り合いで、徴収官に対して開き直った悪びれない態度を取ったばかりに、1発で差し押さえられた人もいます。

 

うちの会社の顧問税理士さんも、逆切れと、放置が一番まずい!

 

と言ってました。

 

税金を滞納して納付が困難でしたら、税務署に誠意をもって相談するのが一番という事ですね...。

担当徴収官によって随分違う!

税務署の担当徴収官は、1年ごとくらいに変わるようです。

 

毎年、だいたい7月くらいに変わりますね。

 

人によっては毎月の納付額を減額してくれる優しい人や、すぐに数百万円納付してもらわないと困るんですけどね!みたいな厳しい事を言ってきたりする人もいます。

 

差し押さえとか、徴収官の裁量で決められるそうですからね...。

 

やっぱり、徴収官も人の子ですね、怒らせちゃあいけませんね..。

page top