取引先からの振込間違い

取引先からの振込間違い

この間、取引先の会社から、うちの会社の当座預金口座に、誤ってお金が振り込まれました。
(振込先を間違えたという事です)

 

当然、その取引先も気づいて、”振り込む会社を間違えました、すみません”といった内容のお電話をいただきました。

 

こういう時って、取引先の会社の口座に誤って振込されたお金を振り込み返してあげるんじゃないんですね...。

 

振込金組戻承諾書という書類を銀行に提出して、その入金を取り消す手続きをする訳ですね!

 

取引先からの振込ミスとか、私にとっては初めてのケースでしたので、よく知りませんでした。

 

その取引先の振込先間違いの連絡があった後、銀行からも振込金組戻承諾書と返信用封筒を送付します、といった連絡もきました。

 

この組戻しって、今回、私も初めて知ったのですが、
振込後、依頼人の都合でその振込を取り消す手続きだそうです。

 

これは、手数料もかかりますし、受取人(今回の場合、私の会社)の同意も必要で、故に時間もかかるそうですし、結局、返金されても振込手数料は返却されないので、いい事はありません。

 

この振込金組戻承諾書とは、振込を取り消すため、受取人の同意を得るための書類という事です。

 

振込金組戻承諾書とは、こんな感じです。
振込金組戻承諾書の記入例図
うちは、会社住所/会社名/代表者名を記入して銀行印を押して返信用封筒に入れて郵便ポストに入れるだけです。

 

取引先の方は、きっと大困りのはずなので、速攻で書いて郵送しました!

 

でも、受取人側はわざわざこちらから銀行に取り消し手続きに行かなくてもいいんですね。

 

なるほど!

 

勉強になりました。

 

うちの会社は、大半は小切手払いなので、振込はごくたまにしかありませんが、全くない訳ではありません。

 

ですので私も、振込先の間違いは気を付けたい所です。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

page top